徒然ひまわり

アラサーにしてHey!Say!JUMPにはまった2児の母です。

我が家のその後

 

 

 

こんばんは

 

 

 

 

長男がひらがなの練習をしてたんですけど、

毎日ひらがながランダムなのか

4つ出てくるプリントで

今日のひらがなは

い  の  て  く  でした

 

 

惜しい!!!!!

最後はりでしょーーー!!!

と心のなかで叫ぶオタクな母

 

もといひまわりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前記事で穏やかではない我が家の

近況を書きました。

 

 

 

 

 

HPゼロのその後。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう無理

 

やめよう

 

幸い受け入れてくれる実家がある

子供達もじぃじばぁばが大好きだし

 

 

 

 

最初のうちは大好きなパパと離れて

特に長男には寂しい思いをさせるけど

 

 

 

このままの夫婦関係で

子供達が健やかに育つとは思えない

 

 

実家に帰って優しいじぃじばぁばと

暮らす方がましだろう

 

強くならなければ

 

 

行動しなければと

 

 

 

自分を奮い立たせていました

 

 

 

 

主人にも別居の意向を伝えました。

主人は何一つ納得していなくて

また話は平行線でしたが。

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、迎えた休日

 

 

 

夜、いつも通り長男と次男の

寝かしつけをしていました。

 

 

 

すると、長男が

「今日はパパも一緒に寝たい」と

言い出したんです。

 

 

いつもは

ママと寝るからパパは来ないで!!

なんて言ってるんですけど。

 

 

息子たちの前では平静を装っていたので

不思議に思いながらも

じゃあパパ呼んでおいでと言うと

リビングにいるパパを連れてきた長男

 

 

 

 

満足そうにパパとママの間に寝転がり

パパとママ両方と手を繋ぎます

 

 

そしてパパの耳元に近づいて行って

何やら耳打ちしている様子

 

おやすみの挨拶でもしているのかなと

思っていたら

私の耳元にも近づいてきて

「ママ、これからもよろしくね」と。

 

 

 

 

涙が止まりませんでした

 

 

情けなくて

 

ふがいなくて

 

 

この子は全部わかってる

父と母の空気の違いに気付いて

不安で

必死に繋ぎ止めようとしてる

 

 

 

 

主人も一言

「わかってるんだね」と。

 

 

 

もう無理だ、

今少し寂しい思いをさせても

有益な未来が待ってるはずだと、

そう思っていたのに

 

 

 

この子の不安を取り除きたい

悲しい顔をさせたくない

それだけになりました

 

 

 

 

 

 

それ以降別居の話には

触れていません

 

 

 

 

でも長男のお陰か

別居という言葉にビビったのか

旦那の態度がだいぶ軟化しております。

 

 

 

 

私のすることに口うるさく

文句を言っていたのも

口数は減らないものの、言い方が少し柔らかくなったような。

 

 

つわりで苦しんでいると大丈夫?と

ぎこちないながら声をかけてくれるように

なりました

 

 

以前は体調が悪いから

先に寝るねと言うと、

新居のことで決めなきゃいけないことがあるから寝るな、と言われていたのも

わかった、と言ってくれるようになりました

 

 

 

 

 

書けば書くほど、いや前がひどすぎる

と思うんですけどね。

 

 

 

 

 

 

旦那が変わったと言っても

微々たるものだし

いつまで持つかもわからない

 

 

何一つ解決はしていないし、

何一つ納得もしていないんですけど、

 

 

 

 

こうやって

少しでも長く家族でいた方がいいのかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が幼い頃は、幸いにも

家族が壊れるなんて

考えたこともありませんでした。

 

 

父と母は別にラブラブみたいな感じでは

なかったし、よくケンカもしていました。

 

それでも、父と母が離れるなんてことは

考えられなかったし、どこかで

家族というのは絶対だと思ってたんです

 

産まれたときから父と母と兄のいる世界で

生きてきて、当然のようにそれが続くと思ってた。

家族は不変のものだとすら思っていたかも

しれない

 

 

今になってそれがどんなに幸せなことか

わかります

 

 

 

夫婦がこんなに脆弱なものだとは

思わなかった

 

所詮他人

紙切れ一枚の繋がりに過ぎない

 

信頼関係がなければ

簡単に壊れるんだって

 

 

 

 

そんな関係しか築けていない自分が

情けないです

 

何より

こんな不安を子供達に背負わせてしまっているのが一番情けない

 

 

 

 

子供達が安心して

過ごせる家庭にしたい

 

 

まだ我が家は生まれ変われるでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

あーあ、ほのぼの平和に

JUMP大好き!!!な

あほ丸出し母ちゃんでやっていこうと

思ってたのに、とんだ激重アカに

なってしまった

 

 

 

そうか、賢い人はアカウント分けるのか!!

(今更)