徒然ひまわり

アラサーにしてHey!Say!JUMPにはまった2児の母です。

虫 VS 母 助っ人長男

 

 

 

こんにちは

 

 

ひまわりです

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の夕飯終了後、

不穏な音が...

 

 

 

もうブーーーーーンとかじゃないの

 

バチバチバチバチって

 

 

絶対なんか大きいやつの羽音

 

 

見たらコガネムシですよ

大きさは1㎝を超えるくらいかしら

洗濯物と一緒に入ってきちゃったのね♡

 

母 絶叫

即・長男招集(母戦う気ゼロ)

 

なにあれ!!!

なにあれ!!!

僕が捕まえる!虫取り網とってくる!!

 

と嬉々として虫取り網を取りに行く長男

おぅ...ぜひそうしてくれよ...と

虫の行方のみを追う母

 

ちょうちょ!!!ちょうちょ!!!と

大興奮の次男

(次男は虫の区分がアリかチョウチョしかないので

地面を歩いてるやつはアリ、飛ぶやつはチョウチョ)

 

 

その後、

息子の紙飛行機に着地したコガネムシ

 

息子がどうする!?どうする!?と

喜んでいるので

「その紙飛行機そ~~~~っと

持ってお外にポイって出来る?」

と聞くと

「まかせて!!」と頼もしい長男

 

そ~~~~~っと紙飛行機を持ち上げる長男

「そのまま、そ~~~~っとこっちに!」と

窓とカーテンを開けて誘導する母

 

 

よーーーし、行けるぞー!!と思った

その瞬間、何を思ったのか

長男が素手でコガネムシを掴みにいったんです

 

そしてテンパっていた私も

何を思ったのかぎゃ~~~~~!!!と

叫んでしまいました。

 

母の声にびっくりした長男はパッと手を放し

その瞬間コガネムシは再び逃亡

 

「どうした!!!」と聞くと

長男「触れるかな~と思って、ダメだった?」と

 

 

お、おぉぉう...

そうか...

ダメじゃないよ全然...

ちょっと母びっくりして...

そっか...触れるんだ...

男の子だしそんなに不思議なことじゃないか...

そうか...

 

と動揺しっぱなしの母

 

 

それ以降コガネムシは影を潜め

不安なまま夜を過ごしました。

 

タイトルとは裏腹に

一切戦っていない母

むしろ邪魔しかしていない母

ふがいないぜ

 

 

 

 

 

 

翌日の朝、若干弱った姿で発見され

無事に外に退避させました…

 

 

虫の苦手な母は

最近こういうことがあると

長男に頼りきりです

 

 

男の子産んでよかった(不純)