徒然ひまわり

アラサーにしてHey!Say!JUMPにはまった2児の母です。

1歳・4歳 おすすめ絵本

 

 

 

 

こんにちは

 

 

 

ひまわりです

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家は寝る前に絵本タイムが

あります

 

 

決まった時間までに布団に入れれば

長男、次男それぞれが選んだ本を1冊ずつ読んでいます。

 

 

次男が生まれるまでは早めに布団に入れれば

長男の選んだ本を3冊読んでいました。

 

今よりも簡単な絵本で1冊当たりの時間も

それ程かからなかったし、

何しろ邪魔してくる次男がいませんでしたから

 

現在、次男は自分の絵本が読み終わると、

母の上にかかと落としをしてみたり

兄の顔面目掛けてダイブしてみたりと

おちおち絵本読んでられないので...

 

絵本大好きなお兄ちゃんには

少し物足りないかもしれませんが...

 

 

 

 

 

今日はそんな兄弟のここ最近の

おすすめ絵本を2冊ずつご紹介したいと思います。

 

 

 

 

まず今年2歳になる次男のお気に入り絵本

 

1冊目はこれ

 

 

れんけつガッチャン

 

れんけつガッチャン (絵本単品)

 

 

電車や新幹線などの乗り物が

どんどん連結していきます

 

 

ゴトゴトゴト

ビュンビュンビュンなど

リズムのいい言葉が並んでいて

次男も体を揺らしながら

楽しんでいます。

 

 

れんけつ~~~

ガッチャン!!!

 

するときは一緒になって

ジェスチャーしながらニッコニコで

聞いています。

 

 

 

 

 

 

2冊目はこれ

 

いろいろバス

 

 

いろいろバス

 

 

tupera tuperaさんの本ですね。

 

この人たちの絵本は他にも

”しろくまのパンツ”や

"パンダ銭湯”など独特の面白さが

くせになります。

 

 

 

しろくまのパンツ  パンダ銭湯

 

 

 

 

1歳~2歳向きはやはり

いろいろバスではないでしょうか

 

 

色々な色のバスがやってきて

そこからさまざまな物が降りたり

乗ったり。

 

地味にリアクションをとっている

運転手さんにも注目です。

 

次男はカッパが降りてくるところが

大好き

頭の上にお皿をつくって

大興奮です。

 

 

 

今回紹介させていただいた2冊は

長男が1歳~2歳くらいの頃にも

ドはまりしておりました。

 

兄弟だからでしょうか...

でも、どちらも人気のある絵本なので

乗り物の好きな男の子には

ハマるのではないかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

続いて最近5歳になった長男のドはまり絵本

 

 

まずはこれ

 

 

わんぱくだんのかいていたんけん

 

ご存じの方も多いでしょうか

 

わんぱくだんシリーズ

 

 

 

わんぱくなけん、ひろし、くみの

3人組が

毎回、不思議な冒険に出発です。

 

こどもなら

ぼくもこんな冒険がしたいな…と

一度は思うかもしれませんね。

 

 

 

恐竜が好きなら”きょうりゅうたんけん”

忍者に興味があるなら”にんじゃごっこ”

 

 

大人が読んでいても面白い絵本です

 

我が家では長男が3歳後半の頃にドはまりして以来、

少しずつコレクションを

増やしてまいりました

5歳になった現在も大好きな絵本です。

(図書館で借りようとしたら、順番待ちが

エグかったので...)

 

 

 

 

 

続いてもシリーズものです。

100かいだてのいえシリーズ

 

そらの100かいだてのいえ    うみの100かいだてのいえ

 

 

息子は特にそらとうみが大好きです。

この本も3歳後半にハマってから

いまだに大好きな絵本です。

何度も何度も繰り返し読んでくれています

 

 

100かいだてのいえは、

その名の通り100階までのぼって行く

(降りていく)物語です。

その途中、家の住人であるさまざまな

生物(?)との出会いがあります。

 

1階ごとに細かく書いてあるので、

ただ見て楽しむだけでも

読み応えがありますし、

読むごとに新たな発見があったりします。

 

 

 

 

 

 

今回は

我が家のてっぱんとも言える

絵本をご紹介しました。

 

 

どれも人気のある絵本なので、

ご存じの方も多かったでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

子供を育てるようになって

絵本に触れる機会が増え、

母自身も好きな作家さんや

好きな絵本が出来ました。

 

子供との温度差はあったりしますが...(笑)

 

母の好きな絵本はまた今度紹介させてください