徒然ひまわり

アラサーにしてHey!Say!JUMPにはまった2児の母です。

子供に望むこと

 

 

 

こんにちは

 

 

 

ひまわりです

 

 

 

 

 

育児をしていると

少なからず

こんな子になってほしいなぁなんてのが

あったりしますよね。

 

 

 私は

習い事の面で言えば

ピアノやダンスなんかいいなと

思っています。

自分が幼いころにやりたかったけど

やらせてもらえなかったこと

なんですけどね

 

体や楽器を使って表現が出来るというのは

めちゃくちゃかっこいいなと

 

感性も豊かになりそうだし。

 

そして、ピアノやってる人って

かしこい人が多いんですよ

(前にも伊野尾君の記事で書きましたが...)

 

頭だって悪いよりは良いほうがいし

運動神経だって、悪いより良いほうがいいと

思うのは親心ですよね

 

まぁ今現在、長男はなんの習い事も

してませんが。

 習い事させてあげられるのは

私が働き始めてからかな(泣)

 

 

 

 

 

そして、

これから子供たちが生きていくうえで

私たちが教えなきゃいけないことは

やっぱり善悪の判断 

 

...といっても

少し大きくなったらお友達と

親の知らないところで遊ぶように

なってきたりもするわけだから

お友達の影響も大きくなってくるんだろうな

子供の全てを把握するなんて

幼稚園に行き始めた今

すでに無理

 

多少の悪さなら目をつぶりますが、

人生を左右するような悪いこと、

人を極端に傷付けることは

しっかり踏みとどまって欲しい

 

例えそれを仲のいいお友達が

やってたとしても

そういうブレない強さも必要になって

くるんですかね

 

母持ってないけど...

その強さ...

流されまくって生きてきたけど...

自分にないもんをどうやって教えれば...

 

 

 

善悪の判断?

モラル?っていうのかな。

そういうの、

どうやって身につくものなんだろう

ある程度は親のあり方が

伝わっちゃうんだろうな

親が平気でゴミポイ捨てしてたら

子供も真似しちゃうよね

 

気付いたときは話すようにしているけれど...

 

そもそも圧倒的な悪...っていうことを

除いては善悪の判断ってめちゃくちゃ

難しくないですか?

 

人間関係では相手の取り方次第で

善にも悪にもなることはたくさんあるし、

相手のことを思うことは大切だけど、

それが必ずしも善ではない時もあるし、

 

母自身、ブレブレですよ。

 

 

親である私たちが完璧なわけはないし、

むしろ私たちが完璧じゃないから

私たちよりも優しく、強く

しなやかに生きて欲しいななんて

思っちゃうんでしょうね

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、将来幸せになってもらうために

持ってて欲しいのは、

幸せを掴み取る力ね

すっごい抽象的ですけど…

 

親が一緒にいて、

子供を幸せにしてあげられるのなんか

人生の中のほんのわずか。

 

学校に行くようになったら、社会に出たら、

親との関わりよりもぐっと

他の人との関わりが増えてくる

 

自分で幸せを

見つけられるようになってほしいな

 

 

そのひとつとして、

自分に合ったパートナーを見つけてほしい

 

この人と一緒にいる時の

自分が一番好き!

そう思える子がいい。

 

 だって

自分のことが嫌いなのに

相手のことだけ愛し続けるのは難しいから

 

 

まずは自分を好きになること。

そしたら自分のことを好きにさせてくれた

相手のことも大切に出来るよ

 

自分を認めてくれる人ってことかな

息子たちにも相手を認められるように

なって欲しい

 

 

多様性の時代だし、

家庭とは呼ばなくても

この人!っていうパートナーを見つけて

欲しいな。

 

 

この人と一緒にいる時の

自分が一番好き

息子達が

そんなふうに思える人と出会えますように

 

 

母が結婚から学んだ教訓(笑)