徒然ひまわり

アラサーにしてHey!Say!JUMPにはまった2児の母です。

Hey!Say!JUMPに堕ちた日

はじめまして。

ひまわりと申します。





この度一念発起して、ブログを書き始めました。




それというのも、
およそ3年ほど前、唐突にHey!Say!JUMPの沼に堕ちまして。

JUMPへの愛をこれまでひっそりと胸に留めてきたのですが、

最近になってこの思いを誰かと共有したい!という気持ちが強まりブログを始めることに致しました。


あれは3年前
忘れもしません



6月放送の…なんだったかな(忘れたんかい)



あれです。
テレ東音楽祭!!(ググった)


なんとなーくテレビがついていて、

なんとなーくうた番組がかかってたんですね。



そしたらHey!Say!JUMPが出て来て、

Precious Girl を歌ってたんですね。





あの時の衝撃は忘れもしません!(これはほんと)



あれ?って、なりまして。


Hey!Say!JUMPかっこよくない?と。



私の中のHey!Say!JUMPはバレーボールの歌うたってるめっちゃちっちゃい子達、だったんですね。
デビューした時、めっちゃ子供じゃん!どうしたジャニーズ!と思った覚えがあります。

それが!いつのまにか大人になってる!
めっちゃかっこいい!!顔面が!
美しい!え!?
ダンスめっちゃ揃ってる!



そこからはあっという間でした。


動画を検索して夢中になる日々。

過去のCDやらツアーDVDを大人買い。





しかし、戸惑いもありました。

私自身今までCDを買うということがほとんどなくて。

レンタルで充分だったんです。

過去に、嵐が最近すごくいいな!と思った時期があったんです。ちょうど花男が放送していて、Love so sweet なんかが流行っていたころでしょうか。

友達とドラマやら嵐の話で盛り上がってキャーキャー言っていました。

でもその時も、CDはレンタルだったんですね。

たぶん友達と盛り上がることが楽しかったんでしょうね。

それが今では発売日を心待ちにして、
予約までしてしまってるんだから驚きです。





それから、どちらかといえばジャニオタと呼ばれる人たちが苦手でした。


友人には数名キスマイが好きな子達がいましたが、まるで自分の彼氏の愚痴でも話すように自担の悪口を言ってみたり、他グループの批判をしたりと、
その当時は異様にうつりました。


今思えば彼女達のスタイルがジャニオタのすべての方に共通するわけでないことは明らかですが…




そんな先入観もあり



なんでアラサーになった今?


ジャニーズ?



自分がアイドルに夢中になっていることが信じられませんでした。





残念ながら仲のいい友人は韓国のグループにドはまりしており、ジャニーズには興味なし



主人にはCDを買っているところを見られたときに、「オタク活動ですか?」と冷ややかに言われて以来Hey!Say!JUMPの話はしづらくなってしまいまして。




あれ…書いてたらなんか切なくなってきた




そんなこんなで、ブログを書くことで誰かと気持ちを共有出来たら、もっと楽しくなるのかなと。



いつかは家族にも振り切ってHey!Say!JUMPの魅力を語れるようになりたいなと。






これからはHey!Say!JUMPへの愛を徒然なるままに綴っていきたいと思いますので、


お暇がありましたら、お付き合い頂けたら嬉しいです。





あ、ちなみに付け足しますがこどもがおります。
(命懸けで産んどいて、ついでか)


2人。

今年5歳と2歳になるそれはそれは
やかましい…じゃなかった
にぎやかな子供たちです。
(いつかはHey!Say!JUMPのファンに取り込みたいと母が画策していることを彼らは知りません。)


育児についての記事もたまに書けたらなと思っています。